蓼科高原のペンション

昨年の夏、設計に係わった蓼科高原の旧ペンション【アドリブ】を20年ぶりに訪れました。

外壁等は過ぎた時間を感じさせますが、メンテナンスがしっかりされている様で、当初の伸びやかな外観や白樺等は健在でした。

アドリブ 高原別荘

建物と白樺とのコントラストは今も清々しい。軽井沢や追分ではないけれど堀辰雄や立原道造を思い出します。高原の別荘地での建築設計に係われる事は夢の様に感じたものでした。

蓼科高原のペンション

昨年の夏、設計に係わった蓼科高原の旧ペンション【アドリブ】を20年ぶりに訪れました。

外壁は過ぎた時間を感じさせますが、メンテナンスがしっかりされている様で、当初の伸びやかな外観や白樺等は健在でした。

アドリブ 高原別荘

建物と白樺とのコントラストは今も清々しい。
高原の別荘地での建築設計に始めて係われる事が夢の様に感じたものでした。