【黄金の庵:いおり】石川県立伝統産業工芸館に常設展示

昨年の全国建具フェア金沢大会(第51回全国建具展示会)に展示されました黄金の茶室【庵:いおり】が石川県立伝統産業工芸館に常設展示されることになりました。平成30年12月15日~です。

金沢は職人文化を守るために金沢職人大学校を作り、職人の技、伝統、文化の継承に取り組んでいます。

www.k-syokudai.jp

この【黄金の庵:いおり】は石森木工の思いと金沢の金箔、建具、畳、経師など職人(匠)の技の集大成と言えるものです。

大きな美術館等に収められている【黄金の茶室】のギラギラと光る金箔とは違って、優しく、そして美しい、上品で深みのある金の茶室になっています。

金沢に行かれる予定の方はぜひ石川県立伝統産業工芸館に立ち寄っていただき、この金沢の宝物のような【黄金の庵:いおり】をどうぞご覧ください。

石森木工様からのパンフレット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>