庵(いおり)の床の間

庵【いおり】の床の間の掛け軸ですが、その簡単な解説をします。詳しくは図書館等の資料での確認をぜひお願いします。

iori喫茶去(きっさこ):お茶をどうぞ。  禅宗の高僧趙州(じょうしゅう)の元を訪ねてきた人々への言葉。

**********

4673E42A-7B70-4325-8945-3B3235D28BFC

 

清流無間断 (碧樹不會凋)
清らかな流れは絶えることがない、(松のような常盤木も決してしぼむことなく永遠に碧を保つ:
禅林句集)
**********

おもてなしの和室(茶室)、その設えは季節や時間、訪問者を塾考しなければなりません。茶道への深い知識が求められます。

切磋琢磨が求められる私達です。(北畑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>