組み立て式和室搬送直前

金沢:石森木工で建具関係のセットアップをお願いしていました組み立て式和室【庵:いおり】を施工場所に搬送しました。モノサシパブリック吉田氏と当研究所北畑が担当。職人の方々、石森社長自ら車への積み込みを手助けいただきました。感謝!、緩衝材の置き方などの指導と運転の諸注意事項を守りながら千葉県の某所に直行。工事は深夜22時から翌朝5時まで、三日間で和室とその周りの外構工事を行わねばなりません。当研究所初の夜間工事の監理(実は搬入の手伝い、マウスだけを動かす日々の私達には職人の邪魔をしないようにしているだけですが。)

北畑栄建築研究所、初の夜間工事の監理を実行….!この工事の顛末は今月の終わりに報告いたします。ご期待ください。Image-1

右側の画像は床の間の裏側、床板(欅無垢材:石森木工からのプレゼント)を止めている部分です。床板の変形を受け止める遊びを設ける職人芸の仕口となっていて、施工ミスではありません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>