クーラック教授との打ち合わせ

昨年12月末に日本でお会いしたパラグアイの通産省クーラック教授と彼の自宅近くのカフェでの打ち合わせ風景です。教授もアメリカの大学で建築を学んでおられますので、計画に対するアドバイスは的確ですね。夜、教授の息子さんも含めて夕食をご一緒させていただきました。

パラグアイの印象はどうか?と聞かれましたが、『まるで夢のようだ』と答えてしまいました。

C3833244-AE5F-45A3-AB2B-AC42CA945581

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>