出版記念パーティー

昨日は『高家賃でも空室ゼロ! これからの不動産投資は地方の新築デザイナーズアパートが狙い目です』という不動産関連の本を出版された大城幸重さんの出版記念パーティーに参加しました。本の表紙になっている賃貸住宅ですが、9年前の設計ですので詳細はすっかり忘れてしまっていました。パーティー時の大城さんの講演を聞いているうちに

・クライアントと子育て世代の家族が住みやすいプランの議論を何度も行ったこと。

・子供たちが安心して遊ぶことが出来るための外構デザインの議論を行ったこと。

・住民間のコミュニティーを育むために必要な空間についての議論を行ったこと。

等々、少しずつですが思い出しました。しかし、大城さんとの議論の中で、【記憶に残る風景、情景を作ろう】との話が出たことを覚えています。今は【インスタ映え】する場所づくりと言えるでしょうか。クライアントが留学か旅行で滞在したロンドンの街角の一角を作ってほしいとの要望でした。ベンチと街路樹、外灯、レンガ調のペイブ(舗装)のスポットを外階段の脇に設定しています。

経年で味わいを増す空間を作ること、子育て中のお母さんがちょっと休んだり、荷物を置いたり、本を読んだり、建物の前の広場で遊ぶ子供を眺めたりと、ベンチは何気ない日々の情景をつくる大切なアイテムなのですね。

この賃貸住宅は全室とも当然入居済みですが、空いた時の予約が入るほど、人気のあるアパートだそうです。長く飽きの来ない、空きの無い住空間が出来上がったことを大変うれしく思います。施工は前橋の渋沢テクノ建設でした。大変丁寧であり、とても良い仕上がりでした。

AC817500-3DF1-45BD-B88B-104A2F55DB0D

 

 

東洋経済オンラインによる本の紹介

http://toyokeizai.net/articles/-/209211?utm_source=chatwith&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=article

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>