越前市野上 高野邸訪問

友人の住宅の竣工検査の為、私(北畑)の郷里である越前市に来ています。雪が50センチは積もっているでしょうか。東京では10センチも雪が積もれば交通麻痺となりますが、雪国の人には当たり前、さすが、淡々としておられます。しかし、朝の雪ノケ(歩くスペースや車道の雪を除く?福井県の方言です。)は大変です。

その後、昭和56年以来の豪雪となってしまいました。180センチ以上は積もった様です。

32年前に設計した高野邸を10年ぶりに訪れました。今では決して珍しくはありませんが、スキップフロアの住宅です。大きな音楽室兼居間(ピアノ練習室)からゲストルームの和室(居間から120センチ上がり、10帖大)、寝室(居間から20センチ上がり、ワンスキップ)洗面室、キッチンにはドアひとつで繋がってます。天井は三角の勾配天井。外観も三角形の切妻屋根。あの当時、何を考えて計画していたのかを少しずつ思い出しています。

当時の竣工図面を大切に残して貰っています。『とにかく新しい豪華な家を見たりしても我が家が一番快適だと思う、初めて来られた人はこの空間にまず驚きます。』この言葉、嬉しいものです。

当時の図面は手書きです。自分の書いた線は決して忘れないものですね。設計者が伝えた気持ち良い空間を今でも大事に維持していただいている施主に深く感謝いたします。

4806DD75-9347-4B3E-82E6-67D879B53459子供達にピアノを教えていらっしゃるので、子供達が楽しくなる様な絵や小物がレイアウトされていました。この空間に60人の人が集まり、子供達のピアノの発表会を行うそうです。

28489D66-A10B-457E-944D-0C5BAEC7FADB

照明器具はLEDに変更されています。勾配天井としたので音響的にも正解でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>