シェア金沢

先日、金沢市の東にあるシェア金沢の見学に行ってきました。このシェア金沢は、色々な人達、障害者も健常者も、高齢者も若者も一緒に暮らせる街を目指しているのです。本来、街とはこのようなごちゃ混ぜの人達が住める街であるべきです。東京郊外や大都市郊外に昭和40年代から開発されたいわゆるニュータウンは、今は高齢者だけが住む街になってしまい、大きな社会問題となっています。このシェア金沢のように、開発当初から色々な人達が暮らすことを考えて計画されていればとは思うのですが、大量の家族が一気に住み始められるニュータウンがその時代には必要だったのです。
大学生らしき若者と子供達が鬼ごっこをしているらしく、街の中を元気に走り回っています。また、その脇をゆっくりと高齢者が歩いておられました。どこからか静かなピアノの旋律が聞こえてきました。街のあり方について考えてみるにはとても良い時間と空間でした。(北)
image
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>