航空写真について

住宅の計画を行う時は必ず国土地理院のホームページにアクセスし、戦前の航空写真を見たり、米軍が撮った航空写真や最近のカラーの航空写真を眺めて、計画地の数十年前の地形や町並みのを想像したり、風景の変遷を確認するのが常であり、また、楽しみでもあります。

今回の住宅が計画されている敷地には築70年の平家の母屋が建っています。戦後間もなく建てられた民家です。戦後の大変な時期、この住宅を建てようとした施主、請け負った大工達の気持ちはどのようなものだったのでしょうか?敗戦で打ちひしがれたであろう人達に、明るい未来の予感と再建への希望と力を与えたのかもしれません。

私達の計画にはこの母屋の脇に建つ新しい家の外観のあるべき姿を考える必要があります。70年の風雪、天災に耐えた母屋に敬意を表することが必要であり、そのための全体のデザインが求められるわけです。新しさと懐かしさがバランスした外観なのでしょうか?

8377D4B1-E5AC-4096-8435-F008298CB4EA

和紙盆栽講座について

昨日、東京シティアイにて開催されていました『ふくいやまぎわ天下一街道』フェアでの【和紙盆栽講座】を取材してきました。福井県越前市在住のあの素晴らしい和紙盆栽の作家でもあるT先生自らが指導をしてくださるという貴重な講座でした。和紙組合の清水マネージャーにお聞きしたのですが、講座開催中に何人かのお客様が参加できないかと声を掛けていただいたのですが、時間的には3時間は制作に掛かるため、残念ですがお断りしたそうです。

前もって材料をある程度作って用意して頂いていたのですが、完成するには三時間はかかりました。参加者、出来栄えに皆満足したようです。

手先の器用な方も器用でない方も、世界に一つだけの姫紫式部の和紙盆栽に満足していたようです。

3EC522BE-6A2C-4358-8AD3-DAAFBB542FCC DC7E4AFB-68DB-4EC6-9D3F-FE4CB7FFB0DA 623E63A8-894B-42FF-A665-302A1948F072

和紙盆栽作りには植物の枝や茎、葉の出来方など 、かなりの観察眼が必要‼️と痛感しました。

375758F8-429D-4B52-9B6D-C8E85EF4BB64フェア最終日の状況です。