キャットステップでキャットなる⁉️

竣工したばかりの水戸常磐の杜リズム街区の岩田邸ですが、施主から嬉しい動画が届きました。愛猫のレナ用に特注したキャットステップを気に入ったようだとのこと。

この住宅は、大きな、ほぼ真四角の大きな敷地に計画されました。緑のある街並みを誘導するためのプロトタイプとなる外構計画となっています。シンボルツリーとして綺麗な樹形のケヤキが選定され、また建物を若干振ることで画一的な街並みになることを防ぎ、民民境界に設けられたコモン的緑地へのビューを楽しめるプランと配棟となっています。周囲の環境性を遮断無視する住宅が建ち始めていますが、本来、戸建て住宅は周りの敷地や緑、大地、空間を感じて始めて戸建て住宅と言えるはずです。

この家は角住戸ではないのですが、道路線形上アイストップとなることから、単純なフォルムとシンボリックな一本の高木を配することでリズム街区のアイコンとなると思っています。D2106B64-48B2-4534-A0AD-86FEE0CE49D1

4B6C9B20-1CE0-4879-AC49-43E77F6D85BA

バリ島のイメージの内部インテリア、しかしバリに行ったのは33年前。

地鎮祭、上棟式に寄せて

春の良き日に地鎮祭、上棟式が続きます。

都内江戸川区に計画中の住宅の地鎮祭風景。予算をはるかに超え、倍の見積もりが出てしまい、気が遠くなるほどでしたが、昔お願いした工務店(ラムズコーポレーション)に再見積をお願いして、ようやく希望の金額に収まりました。

水戸の常磐の杜に計画されたK邸は、震災等によって帰宅がかなわないご夫婦のための生活と心の基盤再生のための住宅、と言えるのでしょうか。田園風景を楽しめ、敷地内で家庭菜園を楽しむプランとなっています。また、奥様の市民活動のために高速道路のアクセスが良い立地が選ばれています。

越前市は私(北畑)の郷里であり、上棟したばかりの屋根の上に登れば(監理者の特権?)、芦山(通称村国山)、そして越前富士と言われる日野山を望むことができます。紫式部が眺めた山でもあります。個性的な敷地と隣接建物に対応したユニークなプランとなっています。

963D1B9D-6C85-405A-9970-7063B4358410

水戸南NT常磐の杜【杜のプラザ】

4月23日の日曜日、水戸南ニュータウン・常磐の杜【杜のプラザ】の開所式が行われました。高橋靖水戸市長、加藤明良県会議員、田所嘉徳衆議院議員がお祝いに駆けつけてくださいました。高橋市長、加藤県会議員からはタウンマネジメント、コミュニティデザインの重要性とこの街の発展への祝辞をいただきました。

高橋靖水戸市長のブログ

https://ameblo.jp/takahashi-yasushi/entry-12268418386.html

私達設計者は、自治会建設委員の方々のアンケートやヒヤリングを基にしたコミュニティ施設のあり方、例えばこのようなことをやりたいとか、今まで拠点が無いために出来なかったコミュニティ活動や住民の自己実現のための空間提案をさせていただきました。

自治会長をはじめ役員の方々、施工の吉川工務店、そして総合プロデュースの郡司不動産の皆様、本当にありがとうございました。

この【杜のプラザ】が常磐の杜にお住いの方々やたくさんの子供達にとって《第二の記憶の棲家》となることを祈らずにはいられません。

EB988FCD-D221-4671-ABF2-BD799779B87F

計画説明会と上棟式

 

 

常磐の杜【杜のプラザ】引き渡し

水戸は桜が満開、春の風に桜の花びらをちらせています。

今日は水戸南NT 常磐の杜【杜のプラザ】の引き渡しでした。自治会の担当者の方々に先日の指摘事項の是正、使い方等を説明しました。

4月23日(日)の14時からは【杜のプラザ】の開所式とのことです。

常磐の杜のコミュニティの中心のベース(基地)として、今まで以上のコミュニティ活動が行われ、タウンマネジメントの魁(さきがけ)事例の街となることを祈ります。

今日も数人の子供達が視察⁇に来てくれました。この【杜のプラザ】が子供達にとって、自宅以外での記憶の棲家(すみか)になります様に!

内覧される自治会役員の方々

A071CF94-CF40-4104-916E-4E7165AD64C2

視察にやって来た子供達

施設の耐震性

あの豊臣秀吉が花見をしたと言われる醍醐寺の近くの施設の耐震改修のため、第1構造の朴先生とその建物を見て回りました。やはり私達は意匠の人間であると痛感。私達ではなかなか気がつかない耐震上の問題となり得る箇所を教えていただききました。柱梁等の構造要素はもちろんですが、いわゆる非構造要素である部分の耐震補強の重要性を再認識する時間でした。例えば、特定天井(ある一定の高さと広さを持つ体育館等の大きな空間の天井)を有する空間等の釣り天井の補強の大切さを写真等を見ながら説明をしていただきました。また、忘れがちですが、備品やピアノ、照明器具等が倒壊、移動、落下し怪我をしないようにすることはとても大切です。一般の住宅と同じですね。この様な小さいけれど耐震改修の大切さを痛感した1日でした。醍醐寺の枝垂れや桜吹雪の鑑賞はまた次回となったのは言うまでもありません。

59BAC289-5350-4325-B2FD-FD9E4E01DFB1

ボーイスカウト三鷹第一団都内ハイキング途中立ち寄り‼️

4月9日、都内ハイキングを行なっているボーイスカウト三鷹第一団のボーイ隊六人、指導者四人が当研究所に立ち寄ってくれました。小雨の中、六桁座標、地図記号の確認をしながら、国土地理院地形図作成の基準となった、水準原点・日本経緯度原点や愛宕山三角点を巡り、最後は表参道を通り、代々木公園で行われていたアウトドアデイジャパンの見学する途中とのこと。

隊長にお願いして、サプライズ‼️スカウトを驚かせようと急に計画。美味しいケーキと飲み物の準備に手間取り、全くのサプライズとはなりませんでした。しかし、雨の中で、エネルギー補給の小休止になったのであれば幸いです。

ボーイ隊はちょうど等高線の見方について勉強していた様なので、一階に展示の敷地模型が参考になったのではと思っています。

E229CEC8-184F-4C83-AA7A-E3C2373DD6C2

image

 

 

常磐の杜【杜のプラザ】竣工検査

水戸南NT【常磐の杜】のコミュニティ施設《杜のプラザ》の竣工検査が自治会役員様によって行われました。この施設の主役でもある近くの子供達も早速視察に来てくれました。

今まで【常磐の杜】にはコミュニティ施設がなく、近くの公共施設や販売センターを使ってのコミュニティ活動でしたが、この春からはこの《杜のプラザ》が活動の拠点となります。

施工途中のキズはほとんどありません。

子供達が元気にこの施設を使う途中で出来た傷は傷ではなく、子供達の記憶のしるしです。笑み(えみ)と呼びたいものです。

たくさんの子供達のしるしが付き、愛着のある【記憶のすみか】と言える建築になります様に!82537734-C17F-43AF-9660-6CF6AD23192B

A4F694D4-8078-49DE-90E9-42805E142A7C

FA06D8D6-BDDE-4405-8C3F-D42185CCAECD