フランク・ゲーリー/フォンダシオン ルイ・ヴィトン  建築展

素晴らしい建築展が、原宿ルイ・ヴィトンの7階で開催中です。ロサンゼルスのウォルト・ディズニー・コンサートホールを見学したのがもう10年も前のことです。ビルバオ・グッケンハイム美術館も見学できておりません。ビルバオはあまりに遠き、せめてルイ・ヴィトンの7階に通うこととしよう!(北)IMG_5290IMG_5289

配筋検査

杭の偽装についてのニュースが連日報じられています。あくまでも個人的な意見ですが、建築物は実に多くの人の誠実な仕事によってつくられる三次元の総体です。より正確な報告を求めることは当然ですし、業界として再発防止のための方法が直ちに採用されると思います。 しかし、私は何かの縁によって一緒に仕事をすることになった多くの人達をこれからも信じることも大切であると思います。

さて今日は建物の打設前の配筋検査でした。型枠大工の棟梁に色々な話を聞いたり、コンクリート型枠の組み方の話を聞けることはとても貴重です。コンクリートの打設は11月の10日前です。美しい打ち放しの壁ができますように!(北)

IMG_5237

健康・省エネシンポジウム


慶應義塾大学藤原洋記念ホールで開催された【健康・省エネシンポジウム】に行ってきました。内閣総理大臣補佐官の和泉洋人氏の基調講演後「組織の枠を超えた、地域創生、地域医療、家づくりの幅広い連携を目指して」のテーマで各パネリストが健康・省エネについて話をされました。家の環境、特に室温が健康に与える影響の大きさについて再認識しました。室温は最低で21度、最悪でも19度以上を維持するなど、断熱性に配慮された住宅に住むことで健康寿命が延びるとのこと。私達は家のデザインの良し悪しだけに目が行きがちですが、環境性能にも配慮された住宅をデザインすべき時代だと改めて感じたシンポジウムでした。私達がいつもお世話になっている建築家猪狩達夫氏の尊敬する和泉氏の講演も貴重な内容でいっぱいでした。(k)

IMG_5121

地鎮祭に思う

秋晴れの良き日、地鎮祭(安全祈願祭)に参列しました。設計事務所ですので、年何回かは参列する地鎮祭ですが、身も心も引き締まる瞬間であり、素直に安全な竣工をお願いする時でもあります。考えてみると私達は、神職(神主)以外で土地の氏神様に度々お会い出来る役得の職業であると言えるのかもしれません。

私達は多神教の日本に住んでいるのですが、色々な神様がいらっしゃるのは日本だけではないそうです。親日国のタイも日本と同じ様に多神教の国である、とバンコクで日本とタイの企業の橋渡しのお仕事をなさっておられる元商社マンの社長からお聞きました。地理的にヒンズー教や回教の神々や地の神々がいらっしゃるらしく、日本と同じ様にお米の神様もいらっしゃる様です。これがタイと日本の良好な関係のベースになっているようです。

キビキビとした神職の地鎮祭が終わり、電車の中でこのようなことを考えながら事務所に戻りました。(K)IMG_5006

タイ:茶室プロジェクト•ハーモニックレジデンス-シラチャ見学

海外での組み立て式茶室プロジェクト進行中!最終仕様確認のためバンコクに行ってきました。木材の産地、越前和紙、障子、畳、床の間t等は茶室の主人のこだわりや思いを視覚化できる大切なものです。可能な限りチャレンジしたいと思います。

このプロジェクトのスタートは、タイ:ウドンタニへ日本語教師として赴任された方が学生向きに日本文化を紹介するための簡単な茶会を実演したのですが、用具がないため体育館のマットの上で行ったとのお話からでした。もっと簡単に和室・茶室が出来ないか!がスタートでした。日本が大人気のタイで本物の日本文化に触れる機会が増えるようになればと思っております。(k)

IMG_4974

打ち合わせ風景

バンコクで話題となる事の多いシラチャに建設中の住宅地を見学してきました。サハグループ+東急グループによるハーモニックレジデンスシラチャです。まだ工事中ですが、モデルルームはオープンしておりました。担当の東急の社員の方に丁寧に説明をしていただきました。積水ハイム施工のしっかりした出来上がりでした。日本人学校の隣接地にあり、タイでも評判の日本風商業モールJ-PARKも至近の位置。来年の完成が待ち遠しい住宅地です。(北畑)

IMG_4975

ハーモニックレジデンス

J-PARK

IMG_4976

J-PARK(シラチャ)