越前和紙の里【五十嵐製紙】訪問

規格の和紙と共に個性的な手漉き和紙を作り続ける越前和紙【五十嵐製紙】を訪問しました。今回はオリジナルの『光拡散和紙』や伝統技法で漉かれた特徴的なタペストリーの現物を見せていただくための訪問でした。天日干しされている大判の和紙や、規格の襖紙を一枚一枚製作する作業も見学することができました。採用を検討中の和紙の製法と特徴、寸法などを確認しました。

和紙の里のホットな話題としては、新聞等で報道されている【レンブラントと和紙】でしょうか。レンブラントの銅版画に使われた紙が越前和紙らしいとのことで調査や検証が今も続けられています。日本を代表する芸術家だけではなく世界的な芸術家も越前和紙を使っていたとしたら、その和紙の価値はさらに高まることは間違いないですね。

懐かしい山並み、まばゆい緑の木々、澄んだ空気、美しい甍の屋根並み、清々しい一幅の絵を見たような旅行(出張)でした。(k)

IMG_3022IMG_3023