千葉銀行四街道南支店を見学

朝一番で竣工直前の千葉銀行四街道南支店を見学。朝早い時間のため朝日が正面外壁にまだ当らないので白いタイルの良さがまだ出ていない。

千葉銀行四街道南支店

しかし、数時間後には刻々と変化する日の光の中に浮かび上がる白い箱のイメージを人々は感じてくれるはずだ。

蓼科高原のペンション

昨年の夏、設計に係わった蓼科高原の旧ペンション【アドリブ】を20年ぶりに訪れました。

外壁は過ぎた時間を感じさせますが、メンテナンスがしっかりされている様で、当初の伸びやかな外観や白樺等は健在でした。

アドリブ 高原別荘

建物と白樺とのコントラストは今も清々しい。
高原の別荘地での建築設計に始めて係われる事が夢の様に感じたものでした。

蓼科高原のペンション

昨年の夏、設計に係わった蓼科高原の旧ペンション【アドリブ】を20年ぶりに訪れました。

外壁等は過ぎた時間を感じさせますが、メンテナンスがしっかりされている様で、当初の伸びやかな外観や白樺等は健在でした。

アドリブ 高原別荘

建物と白樺とのコントラストは今も清々しい。軽井沢や追分ではないけれど堀辰雄や立原道造を思い出します。高原の別荘地での建築設計に係われる事は夢の様に感じたものでした。

緑育プラザ

公園とのレベル差を活かしたファニチュアである大階段で一体的な構成とし、「緑育の街」の中心施設として計画したものです。
住民が自然と集まりたくなる空間を内包し、街の記憶の住みかとしての施設でありたいと考え計画したものです。


・木造平屋

みなみ野シフォンの丘

街の骨格となる道づくりは土地の特性を活かし、生活機能を含めた緑の縦横軸を計画地内に配置して、地域とともに成長するコミュニティインフラを整備しています。
とくに緑が交差する辻は思いがけない風景との出逢いや人と人との交流など、さまざまな暮らしのドラマが育まれていく場所として特別な想いを込めて計画しました。


遠藤邸

こだわりのガレージからダイニング、リビング、寝室へとスキップハウスで緩やかに繋がるオープンな構成になっています。
家の中央にはルーバー状の輻射式冷暖房を設置し、自然体で生活できる空間を創りました。

 ・木造2階建