成田空港プレミアムラウンジでの組み立て和室(茶室)

7月20日、成田空港第一ビル内のファーストクラス、ビジネスクラス専用プレミアムラウンジで工事を行っていた組み立て式和室(茶室)、外構工事がほぼ終了、関係者への内覧会が開催され、工事関係者にも公開していただきました。

この和室(茶室)ゾーンの評判はとても良く、ビジネスクラスラウンジを利用される方は、まずエントランスの横にあるこの和室ゾーンに驚くとのことでした。

既存のルーバー越しに見える和室ゾーン、入り口の飛び石

既存のルーバー越しに見える和室ゾーン、入り口の飛び石

まだ本物の緑や水音がする水景装置など、点景装置の設置前ですが、施主のこのゾーンへの想いは現状でも十分伝わるはずです。

厳しい工期(夜間工事3日)の中での施工を担当してくれました大宮:矢吹工務店の皆様、建具、床の間の造作を指導、セットアップしていただきました金沢:石森木工の皆様、構造材を提供していただきました(株)ナイスの皆様、その他、関係者の皆様、ありがとうございました。そして、私達に和室の設置を英断していただきました(株)成田空港ビジネスの関係者の皆様に深く感謝いたします。(北畑)

このラウンジの正式なオーブンは7月24日と聞いております。(利用出来ないエアーラインがございますのでご注意下さい。)

モノサシパブリック 吉田繁氏の撮影は越前和紙のタペストリーが施行される8月半ばの予定です。そしてこの和室(茶室)の美しい映像がYouTubeにアップされますので皆様どうぞご期待ください。

石森木工製の組子行燈、床の間

石森木工製の組子行燈、床の間

この和室には先進の映像8kモニターが設置され、美しい日本の映像が流される予定とお聞きしました。鮮明な画像にはただただ驚くばかりです。

B20EEFA4-6688-4CE3-9AD9-F49B5305FD9D

8kモニターの美しい映像に魅入られる関係者?

以下のホームページにプレミアムラウンジの記事が出ております。どうぞチェックをお願いいたします。

<Aviation Wire >

https://www.aviationwire.jp/archives/152057

<Impress Watch>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000125-impress-life

(注)上記のHP内【この記事に関する別の画像を見る】をクリックください。

組み立て式和室の画像(21~24)を閲覧できます。

<8K AQUOS導入に関して>

https://online.stereosound.co.jp/_ct/17192433

美しい風景を創りたい

6月23日、梅雨らしい曇り空、午後遅くになって雨が降り始めました。

世界中に美しいと言われる建築物は星の数ほどあるのですが、身近にあり、本当に美しい風景【ランドスケープと建築の調和】と考えると、選び出すのはなかなか難しいものです。その風景に出会う時の心の状態にも左右されるものですしね。

私が美しい建物・ランドスケープとしてすぐに頭に浮かぶのは、ラグナル・エストベリのストックフォルム市庁舎とグンナー・アスプルンドの森の葬祭場でしょうか。

今でも印象に残り、初めて訪れたその瞬間を覚えているのは、建築と風の音があったからだと思っています。ストックフォルム市庁舎の中庭に駆け込み、湖から吹き抜ける風を感じた瞬間でもあり、森の葬祭場では十字架の丘を吹き抜ける風と森の木々の揺れるその一瞬を私は忘れることはありません。ロンシャンの教会において、内部でスケッチをする建築家、画家の学生達(?)の走らせるペンの音も忘れることのできない瞬間・風景です。

ストックフォルム市庁舎と森の葬祭場

ストックフォルム市庁舎と森の葬祭場

今日は計画中の商業施設のランドスケープについての打ち合わせでした。大きな敷地を生かし、記憶に残る美しい風景【ランドスケープと建築のハーモニー)を創ろうと私達でハードルを高く高く上げた有意義な打ち合わせでした。

IMG_9249

DSC_0210

 

 

 

 

 

理想の、夢の執務空間

港区内のガーデニングデザインオフィスの執務空間です。無垢の木材のデスクとグリーン、水の音、ステキな空間です。オフィスのいたるところに本物の植物が計画的に配置されていて、極めて緑視率の高い執務空間でした。このデスクで仕事をすればステキな緑のプランが出来上がるはずです。

我が北研の事務所に戻って周りを見渡すと、紙やレンガやアルミのカットサンプル、作りかけの模型などが乱雑に置かれている現状をどう見るか!

私達の執務空間は、おもちゃ箱とゴミ箱とガラクタ入れとPCを床に広げたイメージと表現するとカッコ付け過ぎでしょうね。この乱雑さにホッとする私達の感性は劣化が進んでいることの証拠と言えるのかもしれません。

1BED80A8-9520-44D4-8E78-DB37E3E88F0E 65023F98-3808-4BBA-9F3D-085AF0A4A6C7

アスンシオン建築見学(4)

リンク

今日は配置計画の最終確認を行いました。自然環境の保護等を考慮、既存の樹木を残した配置計画に修正しなければなりません。問題が山積みです。

初期計画案の模型、建物は大統領官邸に向かう軸線を基本としています。

初期計画案の模型、建物は大統領官邸に向かう軸線を基本としています。

また、ぺリカンボートクラブ(PBC )のメンバーが計画地近隣の小学校を表敬訪問する際、私(北畑)も同行させていただきました。全校生徒150人の生徒の半分が制服を着て(?:注1参照)私達を待っていてくれました。そして伝統の歓迎の歌を歌ってくれました。(午前と午後に半分ずつが登校するのだそうです。)国際交流のためにもパラグアイに来たらぜひ寄ってほしい、生徒に色々な刺激を与えてほしいとの校長先生のお話でした。(注1:生徒の全員が制服を持っているわけではなく、まだまだ学校に行かない、行けない経済状況であるとお聞きしました。洪水の影響で一部のガラスの割れたままの校舎です。)

7E753290-58BA-4B6A-9300-FD9FBD5F2092

PBC:ペリカンボートクラブ

https://pelicanboat.amebaownd.com

午後から石田日本大使にお会いしました。普通大使とは中々お会いできないようです。石田大使が日本帰国時の講演後、PBC原田さんへの社交辞令(パラグアイにいらっしゃたら連絡ください)を信じて連絡をしてくれたのですが、大使は覚えておられ、公務で忙しいにも関わらず約束通り会っていだだきました。

計画が無事進行するように頑張ってくださいとの激励のお言葉をいただきました。

セキュリティの関係で大使館内部にはカメラ等の持ち込みは禁止です。

セキュリティの関係で大使館内部にはカメラ等の持ち込みは禁止です。大使館前の風景です。

模型づくりの楽しさ!

3Dプリンターなる便利なツールもある時代ですが、やはり手作りの模型が大好きです。段ボールやスチレンペーパー、バルサ材で作ったり、ヒートカッターでスタイロフォームのボリュームを作ったり、模型の目的を考えながら素材を選ぶことはとても楽しいものです。

集合住宅の模型、あと1日はかかりそう?

既存事務所をカフェに変更する計画のスタディ模型です。

都内では難しい平屋建の住宅

都内では難しい平屋建ての住宅模型、

 

C3125DA6-69D1-44C0-AB73-AA0CF2178BAE

港区に建築予定の集合住宅。完成まであと1日?

昔とった杵柄❓あと少しで完成です。

昔とった杵柄❓あと少しで完成です。

大河の水を引き込み、クルドサック型の道路と水路が組み合わさった住宅地の提案

大河の水を引き込み、クルドサック型の道路と水路が組み合わさった住宅地の提案

デザイニストたれ❗️

リンク

日本のCIの第一人者であるパオス代表の中西元男氏が主宰するSTRAMD記念講演2月3日(土)16時〜19時に御茶ノ水駅前のデジタルハリウッドで行われます。

http://stramd.asia/news/i395.html

【デザイニストたれ】と語る中西先生は自己満足的な極めて狭い世界で生きる建築家やデザイナーに向かって、もっと視野を広げ、経営的な視点を持って戦略的にデザインを行うデザイニストになってこそ、これからの社会をリードできると。

画像は南米のある川沿いに計画された水網都市のコンセプト模型です。この模型を美大の総合デザイン科の学生が作ってくれました。建築科の学生ではありません。都市デザインやものづくりを建築科ではなく総合デザイン科の学生が作る、、、まさに細分化され過ぎた建築デザインの大きな変革の風を予感させる、微風と言えなくはない?

大河の水を引き込み、クルドサック型の道路と水路が組み合わさった住宅地の提案

大河の水を引き込み、クルドサック型の道路と水路が組み合わさった住宅地の提案

 

2017年年末30日のプレゼンテーション

来日中のクーラック教授へ南米パラグアイ首都アスンシオンでの【ウォーターネットワーク ビィレッジ プロジェクト】のプレゼンテーションを行いました。一度も訪れたことのない計画地、本来は決してプレゼンテーションなど出来ない、やってはいけないのですが、パラグアイの広大な土地、豊富な水、そして太陽を使った『環境共生住宅』、『パラグアイ川の水を利用した、南米一美しい街を創りたい』の思いを伝えたかったのです。良いプレゼンテーションになったか?はわかりませんが、『私はこの街区のここに住みたい、家の設計はお願いしたい』のと社交辞令とは言え、嬉しいお話をいただきました。

年末ギリギリまで作業をしてくれた皆さんに感謝します。(伊藤君、小宮山さん)

640BBDC4-52C5-4A80-B17A-F5617682DBFF

1615F430-23DF-4A20-95AB-C5F9A4F9DD20

 

皆様、来年もどうぞよろしくお願いいたします。