さわやかな五月の風をゼリーにして、、、

GW後半の緑眩しい今日、自転車で三鷹、調布の散歩(建築見学)に朝早く出かけました。当研究所の作品が点在する三鷹です。何年ぶりかで訪問する住宅地や公園を見て回りました。写真の深大寺住宅地は20年も前の作品ですが、事務所にはその模型が大切に保管してあります。(模型製作は当時の所員中川さんでした。今見ても素晴らしい模型の出来映えです)20年、さすがに屋根や外壁の一部は完成時とは違った色に塗り替えられていますが、周辺の森との調和、道の広場化をテーマにして、森の中に住まうというコンセプトは正しかったと思います。

何よりもあまり大きく外観を変えることなく住み続けておられる居住者の皆様に感謝いたします。

小さかった子供達が道広場で遊ぶうちに自然と仲良くなり、木のバルコニー越しに糸電話で会話するような仲良しになれると良いなぁと話していたことを思い出しました。

深大寺計画の20年後

深大寺計画の20年後、完成時はもっと大きな木(屋敷林)に囲まれた敷地でした。

北側の公民館のソメイヨシノの桜も大きくなった様な、、?

北側の公民館のソメイヨシノの桜も大きくなった様な、、?

模型づくりの楽しさ!

3Dプリンターなる便利なツールもある時代ですが、やはり手作りの模型が大好きです。段ボールやスチレンペーパー、バルサ材で作ったり、ヒートカッターでスタイロフォームのボリュームを作ったり、模型の目的を考えながら素材を選ぶことはとても楽しいものです。

集合住宅の模型、あと1日はかかりそう?

既存事務所をカフェに変更する計画のスタディ模型です。

都内では難しい平屋建の住宅

都内では難しい平屋建ての住宅模型、

 

C3125DA6-69D1-44C0-AB73-AA0CF2178BAE

港区に建築予定の集合住宅。完成まであと1日?

昔とった杵柄❓あと少しで完成です。

昔とった杵柄❓あと少しで完成です。

大河の水を引き込み、クルドサック型の道路と水路が組み合わさった住宅地の提案

大河の水を引き込み、クルドサック型の道路と水路が組み合わさった住宅地の提案

デザイニストたれ❗️

リンク

日本のCIの第一人者であるパオス代表の中西元男氏が主宰するSTRAMD記念講演2月3日(土)16時〜19時に御茶ノ水駅前のデジタルハリウッドで行われます。

http://stramd.asia/news/i395.html

【デザイニストたれ】と語る中西先生は自己満足的な極めて狭い世界で生きる建築家やデザイナーに向かって、もっと視野を広げ、経営的な視点を持って戦略的にデザインを行うデザイニストになってこそ、これからの社会をリードできると。

画像は南米のある川沿いに計画された水網都市のコンセプト模型です。この模型を美大の総合デザイン科の学生が作ってくれました。建築科の学生ではありません。都市デザインやものづくりを建築科ではなく総合デザイン科の学生が作る、、、まさに細分化され過ぎた建築デザインの大きな変革の風を予感させる、微風と言えなくはない?

大河の水を引き込み、クルドサック型の道路と水路が組み合わさった住宅地の提案

大河の水を引き込み、クルドサック型の道路と水路が組み合わさった住宅地の提案

 

2018年ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

当研究所は今年も当研究所らしい建築・デザインを行ってまいります。ご指導、ご鞭撻、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年デザインをしておりました東急電鉄の住宅地青葉台【ノイエ青葉台ブランスクエア】のHPがアップされました。

http://www.neue-aobadai.com/

この住宅地は建築家内井先生の名建築【桜台コートビレジ】の隣接地にあり、同じ東急による開発です。集合住宅の名作に負けない戸建て住宅をとの気持ちで施主、施工関係者の皆様と進めていた住宅地です。

桜台コートビレジは何年も前に何回か訪れていましたが、今回の計画に合わせ、数度再び見学をしました。先生が『健康なる建築』について講演をなさった時のことを思い出しました。

【桜台コートビレジ】やはり、いい建築は何年過ぎてもいい、ですね。桜台コートビレジ

 

 

2017年年末30日のプレゼンテーション

来日中のクーラック教授へ南米パラグアイ首都アスンシオンでの【ウォーターネットワーク ビィレッジ プロジェクト】のプレゼンテーションを行いました。一度も訪れたことのない計画地、本来は決してプレゼンテーションなど出来ない、やってはいけないのですが、パラグアイの広大な土地、豊富な水、そして太陽を使った『環境共生住宅』、『パラグアイ川の水を利用した、南米一美しい街を創りたい』の思いを伝えたかったのです。良いプレゼンテーションになったか?はわかりませんが、『私はこの街区のここに住みたい、家の設計はお願いしたい』のと社交辞令とは言え、嬉しいお話をいただきました。

年末ギリギリまで作業をしてくれた皆さんに感謝します。(伊藤君、小宮山さん)

640BBDC4-52C5-4A80-B17A-F5617682DBFF

1615F430-23DF-4A20-95AB-C5F9A4F9DD20

 

皆様、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

水戸:常磐の杜【杜のプラザ】

今年の春オープンした水戸:常磐の杜【杜のプラザ】は常磐の杜に住む子供達にとってこの集会施設が『記憶のすみか』となる様に願って自治会の皆様が作ったコミュニティ施設でした。嬉しいことに、自治会のホームページにこの施設が子供達に使われている様子がアップされていました。もちろん、各種自治会の活動の拠点としても、色々な方々にとってもこの施設が有意義に使われ始めている様です。計画、設計担当冥利に尽きます。

この施設のホールの壁の一部には森の生物のイラストがプリントされた特殊な壁紙が使われています。隣接する雑木林には実際にリスが住んでいるという環境なのです。

常磐の杜HPより

常磐の杜HPより

8D769965-26CB-46D5-88E5-51E42E5F6C33

3944D27B-51BA-4F58-8446-232F13F8E548

模型の楽しさ

模型の話です。CGや3Dプリンターを使ってのプレゼンが一般的になりつつある私達の業界です。しかし、〇〇のひとつ覚えと言われそうですが、やはり紙やスチレンボードで私達で作る模型の楽しさは格別です。作りながら、鳥になった気分で計画中の建物の周囲を自由に飛び回る事が出来るのですから。(今回は最近の低層の住宅中心の模型アラカルトです。)これらの模型は事務所にはもうありません。残っている模型は検討段階のスタディーで、最終模型は施主に届けられています。竣工後も長く大切に保存して下さるクライアントもいらっしゃいます。数年後にお邪魔した時、模型を発見した時は感激、涙が出るほど?です。

61E2F601-1142-4D63-B059-2C2AC90C99A0

北傾斜の敷地に眺望を楽しめる斜面地住宅の計画案です。Aさんの北研復帰第2号の模型。子育ての空白を感じさせない仕上がり?

模型写真。実際の建物がほとんど初期の提案と変わらないことはとても嬉しいものです。

模型写真。実際の建物がほとんど初期の提案と変わらないことはとても嬉しいものです。

3F3EFC5E-D027-44A6-94DF-33B14FD82EA0

常磐の杜のリズム街区のボリューム模型です。

5D7EFA18-6B54-4712-8D89-196375535246

都内の3棟の住宅群の計画模型です。中庭を取り囲むように配置する案の検討を行います。

CGと模型によるプランの検討

2017年9月30日、10月1日に上棟予定のY邸の模型です。100坪近くの大きさです。