石森良洋氏の叙勲記念パーティ

注目

建具のこと、建築のこと、伝統のことなどいつも示唆に富むお話をしてくださる金沢石森木工の石森良洋氏の叙勲記念パーティに参加しました。石川県知事や金沢市長の祝辞通り、彼の日々の努力、変わらぬ建具や伝統への想いと弛まぬ努力が今回の叙勲の名誉に浴される基本にあるのでした。

とにかく『建具、木、伝統について語り始めると終わることを知らない』と県知事の祝辞にのべておられました通り、石森さんは熱く熱く語り、そして私達設計者への叱咤激励の言葉で終わるのが常なのです。

一緒に【黄金の庵】を作ることが出来たこと、日本の木の文化を組み立て式和室を通じて世界に広めることが出来ることに感謝いたします。

石森社長、本当におめでとうございます。また、いつも陰ながら支えておられる奥様、おめでとうございます。

いつも美しい和室、建具、越前和紙の里の動画を作成してくれていますモノサシの吉田氏と同じテーブルでした。

https://m.facebook.com/monopubltd/

【黄金の庵】動画のお知らせ

黄金の庵(いおり)の美しい動画がFacebookに公開されました。モノサシパブリックリレーションズが制作アップしてくれました。

https://www.facebook.com/759797084204047/videos/374498433296335/?__tn__=%2CdkC-R-R
黄金の庵-1黄金の庵-2黄金の庵-3黄金の庵-4CGとは違い、柔らかな黄金色がとても美しい。もしこの和室に座り静かに目を閉じていると黄金が体に染み込むような柔らかい空間です。伝統や木の文化に対して教えをいただいております石森木工の社長、そして工場長、社員の方々の組立作業風景を見ることも出来ます。

【黄金の庵:いおり】石川県立伝統産業工芸館に常設展示

昨年の全国建具フェア金沢大会(第51回全国建具展示会)に展示されました黄金の茶室【庵:いおり】が石川県立伝統産業工芸館に常設展示されることになりました。平成30年12月15日~です。

金沢は職人文化を守るために金沢職人大学校を作り、職人の技、伝統、文化の継承に取り組んでいます。

www.k-syokudai.jp

この【黄金の庵:いおり】は石森木工の思いと金沢の金箔、建具、畳、経師など職人(匠)の技の集大成と言えるものです。

大きな美術館等に収められている【黄金の茶室】のギラギラと光る金箔とは違って、優しく、そして美しい、上品で深みのある金の茶室になっています。

金沢に行かれる予定の方はぜひ石川県立伝統産業工芸館に立ち寄っていただき、この金沢の宝物のような【黄金の庵:いおり】をどうぞご覧ください。

石森木工様からのパンフレット

石森木工 石森良洋氏

注目

組み立て式和室【庵:いおり】、京都石田幼稚園の木の家具、【黄金の茶室】の製作等々、いつも多くのアドバイスや指導をいただいております金沢:株式会社石森木工社長石森良洋氏が秋の叙勲で瑞宝双光章を受章されました。本当におめでとうございます。

石森社長からは建具のこと、木のこと、伝統文化のこと、金沢のことなどいつもたくさんのことを教えていただき、感謝いたしております。時間が過ぎるのを忘れるほど、聞き入ってしまう私達です。今後とも日本の職人文化、建具の文化の発展、後進の育成等に尽力くださるようにお願いします。また、当研究所についても今まで同様のご指導をどうぞよろしくお願いいたします。

やはり多くの外国人の方の撮影スポットになっているとの理由が分かります。 やはり多くの外国の方の撮影スポットになっているとの理由が分かります。
キッズライブラリー詳細 キッズライブラリー詳細(京都 石田幼稚園)
CG制作:ケイアート関口氏 CG制作:ケイアート関口氏

NA第一ターミナルビルプレミアムラウンジ和室ゾーン3ヶ月点検

7月に成田空港第一ターミナルビルプレミアムラウンジに設置した組み立て式和室コーナー越前和紙のスクリーン(越前和紙:滝製紙所:瀧英晃作)設置工事と和室、外構の3ヶ月点検を行いました。ようやく当初のイメージ通りの和の心ゾーンが完成です。ヒノキ構造材の乾燥による変形も許容範囲であり、施工を担当してくれた大宮矢吹工務店矢吹社長も一安心!

やはり多くの外構人の方が撮影スポットになっているとの理由が分かります。

やはり多くの外構人の方が撮影スポットになっているとの理由が分かります。

瀧 英晃氏製作の和紙、防炎加工済みです。美しく柔らかい光は実物を前にしないと理解できません。(現物サンプルは当研究所に保存しております。)越前和紙スクリーン(20181010工事)

スクリーン全景(20181010)

床几に座り、ホッとする矢吹社長

床几に座り、ホッとする矢吹社長

モノサシパブリックの吉田繁氏による美しい画像、動画がアップ予定との事です。

庵(いおり)の床の間

庵【いおり】の床の間の掛け軸ですが、その簡単な解説をします。詳しくは図書館等の資料での確認をぜひお願いします。

iori喫茶去(きっさこ):お茶をどうぞ。  禅宗の高僧趙州(じょうしゅう)の元を訪ねてきた人々への言葉。

**********

4673E42A-7B70-4325-8945-3B3235D28BFC

 

清流無間断 (碧樹不會凋)
清らかな流れは絶えることがない、(松のような常盤木も決してしぼむことなく永遠に碧を保つ:
禅林句集)
**********

おもてなしの和室(茶室)、その設えは季節や時間、訪問者を塾考しなければなりません。茶道への深い知識が求められます。

切磋琢磨が求められる私達です。(北畑)

成田空港プレミアムラウンジでの組み立て和室(茶室)

7月20日、成田空港第一ビル内のファーストクラス、ビジネスクラス専用プレミアムラウンジで工事を行っていた組み立て式和室(茶室)、外構工事がほぼ終了、関係者への内覧会が開催され、工事関係者にも公開していただきました。

この和室(茶室)ゾーンの評判はとても良く、ビジネスクラスラウンジを利用される方は、まずエントランスの横にあるこの和室ゾーンに驚くとのことでした。

既存のルーバー越しに見える和室ゾーン、入り口の飛び石

既存のルーバー越しに見える和室ゾーン、入り口の飛び石

まだ本物の緑や水音がする水景装置など、点景装置の設置前ですが、施主のこのゾーンへの想いは現状でも十分伝わるはずです。

厳しい工期(夜間工事3日)の中での施工を担当してくれました大宮:矢吹工務店の皆様、建具、床の間の造作を指導、セットアップしていただきました金沢:石森木工の皆様、構造材を提供していただきました(株)ナイスの皆様、その他、関係者の皆様、ありがとうございました。そして、私達に和室の設置を英断していただきました(株)成田空港ビジネスの関係者の皆様に深く感謝いたします。(北畑)

このラウンジの正式なオーブンは7月24日と聞いております。(利用出来ないエアーラインがございますのでご注意下さい。)

モノサシパブリック 吉田繁氏の撮影は越前和紙のタペストリーが施行される8月半ばの予定です。そしてこの和室(茶室)の美しい映像がYouTubeにアップされますので皆様どうぞご期待ください。

石森木工製の組子行燈、床の間

石森木工製の組子行燈、床の間

この和室には先進の映像8kモニターが設置され、美しい日本の映像が流される予定とお聞きしました。鮮明な画像にはただただ驚くばかりです。

B20EEFA4-6688-4CE3-9AD9-F49B5305FD9D

8kモニターの美しい映像に魅入られる関係者?

以下のホームページにプレミアムラウンジの記事が出ております。どうぞチェックをお願いいたします。

<Aviation Wire >

https://www.aviationwire.jp/archives/152057

<Impress Watch>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000125-impress-life

(注)上記のHP内【この記事に関する別の画像を見る】をクリックください。

組み立て式和室の画像(21~24)を閲覧できます。

<8K AQUOS導入に関して>

https://online.stereosound.co.jp/_ct/17192433