フランスパリ輸出の『組み立て式和室』について

モノサシパブリックが行っているフランスパリに輸出する『組み立て式和室』について、仮組が来日中の施主ミカエル氏立ち合いのもと、金沢:石森木工で行われました。ミカエル氏の祖父は水車の木工職人だったそうで、ミカエル氏と石森社長との木組みや継ぎ手談議に参加したかった。

CTMZ0503

パリでの組み立てはミカエル氏が自身で行うとのこと。

パリでの組み立てはミカエル氏が自身で行うとのこと。

 

写真の説明はありません。

このスケッチ等はモノサシ吉田氏作成図面です。

+詳細はモノサシパブリックリレーションズのfacebookをご覧ください。

https://www.facebook.com/monopubltd/

 

 

 

古民家再生(鎌倉古今:Coconの見学)

鎌倉市にある民泊施設『古今:Cocon』を見学しました。

質の高い古民家を理解し、古民家の大切な部分はしっかりと残した改修方法は、感心するばかりです。古民家の価値を理解、維持向上させた施主松宮氏(とデザイナー)の情熱と感性に古民家に代わって感謝したいと思います。『古今:Cocon』このように古民家が改修され、百年以上と続く空間が生き返り、また多くの人たちに安らぎの空間と時間を与える、、、、、素晴らしいですね。

DD550898-A168-4946-B599-9A146ABB8539154F630E-221F-41EF-90F9-EDFBBAD624075726190D-2046-43F9-8ECF-FAD45FE25632

 

 

 

 

鎌倉 古今のHPで詳しくご覧ください。

www.kamakura-cocon.jp

 

インターンシップ(就業体験)

夏休みを利用して、大学建築科、高専デザイン学科からインターンシップの学生3人が当研究所に来ております。

個人住宅の模型を担当してくれた学生は模型製作の経験もあり、丁寧な仕事ぶり。湿度の変化を予想した材料選びができていなくて多少変形した部分もありますが、とても良い出来栄えです。アクリルケースに入れて完成です。

高専デザイン科の学生は、エントランスの部分模型にチャレンジです。デザイン科ですので模型製作の授業はあるとは思いますが、いきなりスタディ模型製作です。実施設計の展開図を見るのも初めてですが、果敢にチャレンジ。初めてでも何事にも笑みを絶やさずチャレンジしております。出来栄えは後日アップする予定(?)。

個人住宅と集合住宅エントランスの模型にチャレンジする学生

集合住宅エントランスと個人住宅の模型にチャレンジする学生諸君

建築関係やデザイン関係の学生にとって、設計事務所の仕事がどのようなものなのかを知ることは、就職の際にも、就職後も大切な体験になるはずです。自分の適性もありますが、就職する分野の仕事が好きかどうかがとても大切だと信じています。楽しいことばかりではないのですが、好きであれば乗り越えられるものです。

第1回「海の学校」に参加

北畑の恩師である猪狩達夫氏が代表理事を務めるNPO法人石巻・田代島しまおこし隊の企画である第1回「海の学校」に参加しました。waqua田代島として初めてのプログラムでした。

北畑の古い友人で、南極に4回も航海した経験を持つ津田一氏による「南極の海と氷山」、田代島出身のあじへいさんこと尾形勝寿氏の「田代島の歴史」についての講演、そして三陸金華山沖でのフィッシング体験、ガラス玉網入れワークショップ、三枚おろしの体験、少し詰め込み過ぎのプログラムでしたが、何とか無事終了することができました。

参加してくれた小中学生の保護者からは感謝のメールなどをいただきました。

誰も住まなくなった民家や放置民家を所有者の了解を得た上で修繕し活用する、、、、例えば民家を客室、ロッジとして、村全体を大きな分散型ホテルとして再利用すること、あるいは海の学校などをつくり、子供達に海の恵みと海の知識、島の歴史や豊かな自然への知識を深めていく場とする、、、多くの人が定住し、就労できる島になるといいねなどと夢は広がりますね。

猪狩達夫氏による開校のあいさつ

猪狩達夫氏による開校のあいさつ

津田一氏による講演、(南極の海と氷山)

津田一氏による講演、(南極の海と氷山)

三陸金華山沖でのフィッシング体験出向前

三陸金華山沖でのフィッシング体験出向前

 

越前和紙の里訪問,『庵:IORI』の取材

組み立て式和室『庵:IORI』について新聞社からの取材を受けるため、越前和紙の里『卯立の工芸館』を訪れました。モノサシパブリックの吉田氏とともに、『組み立て式和室・茶室』の誕生秘話とその歴史、今後の展開と展望について話をしました。プロダクト開発の理念と越前和紙の高い商品性を信じて情報を発信してきたこと、モノサシパブリック制作の視覚に訴える動画の大切さとクオリティなどについても話をさせていただきました。

越前和紙の里『卯立の『卯立の工芸館』と今庄小中学校

越前和紙の里『卯立の『卯立の工芸館』と今庄小中学校


474BFB9E-9315-43BB-88E7-25BC94207C4B

和紙盆栽展に展示された作品、特別に撮影させていただきました。

和紙盆栽展に展示された作品、特別に撮影させていただきました。

D3EB82B0-5D41-4A58-8A67-3A1581F92234

【黄金の庵】サライ7月号


現在金沢の『石川県立伝統産業工芸館』に展示されています【黄金の庵】が『サライ』7月号に紹介されています。夏休み中に金沢を訪れる機会がありましたらぜひお立ち寄り下さい。兼六園、金沢21世紀美術館、石川県立美術館から徒歩圏です。加賀工芸の素晴らしさを実感していただきたいです。

E28683B4-B604-4747-9805-07047AFFCD2C

また、越前市の越前和紙の里 卯立の工芸館では『新作和紙盆栽展』が開催されていますが、1階に組み立て式和室【庵 いおり】が展示されています。

越前和紙の里 卯立の工芸館1階に展示中、撮影モノサシパブリック吉田繁氏

越前和紙の里 卯立の工芸館1階に展示中、撮影モノサシパブリック吉田繁氏

【和紙盆栽展】『卯立の工芸館』にて

越前和紙の里にある『卯立の工芸館』で6月12日から7月15日まで【和紙盆栽展】が開催されています。和紙で作られた盆栽です。見事な作品、【百聞は一見にしかず】です。一度ご覧になれば、感嘆の溜息が出るはずです。

越前和紙の里にはあらゆる紙を創る人(人間国宝、伝統工芸士、職人、作家、芸術家)と技の蓄積があります。日本一、いや世界一です。どうぞ越前和紙の里を訪れ、和紙の可能性を体感してください。

プラスチックゴミが大きな社会問題となっています。この問題を解決するのは和紙と木材なのかもしれませんね。

A1065168-9314-431E-B648-39AD7D0255C7

『卯立の工芸館』の展覧会に合わせまして、当研究所で保管しております和紙盆栽の一部を展示いたします。準備が出来ましたらお知らせをいたします。

金沢石森木工製『組子行灯』と和紙盆栽のセット。

金沢石森木工製『組子行灯』と和紙盆栽のセット。

 

EFTP5249

CXXV6314