越前和紙の里訪問,『庵:IORI』の取材

組み立て式和室『庵:IORI』について新聞社からの取材を受けるため、越前和紙の里『卯立の工芸館』を訪れました。モノサシパブリックの吉田氏とともに、『組み立て式和室・茶室』の誕生秘話とその歴史、今後の展開と展望について話をしました。プロダクト開発の理念と越前和紙の高い商品性を信じて情報を発信してきたこと、モノサシパブリック制作の視覚に訴える動画の大切さとクオリティなどについても話をさせていただきました。

越前和紙の里『卯立の『卯立の工芸館』と今庄小中学校

越前和紙の里『卯立の『卯立の工芸館』と今庄小中学校


474BFB9E-9315-43BB-88E7-25BC94207C4B

和紙盆栽展に展示された作品、特別に撮影させていただきました。

和紙盆栽展に展示された作品、特別に撮影させていただきました。

D3EB82B0-5D41-4A58-8A67-3A1581F92234

【黄金の庵】サライ7月号


現在金沢の『石川県立伝統産業工芸館』に展示されています【黄金の庵】が『サライ』7月号に紹介されています。夏休み中に金沢を訪れる機会がありましたらぜひお立ち寄り下さい。兼六園、金沢21世紀美術館、石川県立美術館から徒歩圏です。加賀工芸の素晴らしさを実感していただきたいです。

E28683B4-B604-4747-9805-07047AFFCD2C

また、越前市の越前和紙の里 卯立の工芸館では『新作和紙盆栽展』が開催されていますが、1階に組み立て式和室【庵 いおり】が展示されています。

越前和紙の里 卯立の工芸館1階に展示中、撮影モノサシパブリック吉田繁氏

越前和紙の里 卯立の工芸館1階に展示中、撮影モノサシパブリック吉田繁氏

【和紙盆栽展】『卯立の工芸館』にて

越前和紙の里にある『卯立の工芸館』で6月12日から7月15日まで【和紙盆栽展】が開催されています。和紙で作られた盆栽です。見事な作品、【百聞は一見にしかず】です。一度ご覧になれば、感嘆の溜息が出るはずです。

越前和紙の里にはあらゆる紙を創る人(人間国宝、伝統工芸士、職人、作家、芸術家)と技の蓄積があります。日本一、いや世界一です。どうぞ越前和紙の里を訪れ、和紙の可能性を体感してください。

プラスチックゴミが大きな社会問題となっています。この問題を解決するのは和紙と木材なのかもしれませんね。

A1065168-9314-431E-B648-39AD7D0255C7

『卯立の工芸館』の展覧会に合わせまして、当研究所で保管しております和紙盆栽の一部を展示いたします。準備が出来ましたらお知らせをいたします。

金沢石森木工製『組子行灯』と和紙盆栽のセット。

金沢石森木工製『組子行灯』と和紙盆栽のセット。

 

EFTP5249

CXXV6314

 

 

アウディ横浜港北地鎮祭

昨日は天気にも恵まれ、素晴らしい地鎮祭に参列出来ました。過去に参列した数十回の地鎮祭の中、これが正統なる地鎮祭に違いない!と思える程の式でした。祝詞奏上は皆が低頭し天地におられます神々に新しく建物を建てることをお伝えして安全なる竣工を乞う私達の気持ちが一つになった瞬間でもありました。令和の最初の地鎮祭にふさわしく、参列者の皆様にも私達にとっても長く記憶される地鎮祭になるはずです。

建設会社による直会のお土産はバームクーヘン、丸く収まります様にとの思い、同感です。

建設会社による直会のお土産はバームクーヘン、丸く収まります様にとの思い、同感です。

 

越前和紙の里『卯立の工芸館』 【庵:いおり】プロトタイプの展示

組み立て式和室【庵:いおり】を福井県越前市の和紙の里『卯立(うだつ)の工芸館』の2階に展示しました。野草展などのディスプレー用として使われる予定です。2階は白い漆喰の壁と板張り、いぶされた太い柱梁で構成された空間です。

モノサシパブリックの吉田繁氏と1時間で組み立てることが出来ました。

組み立て等に関してはモノサシパブリック制作の以下の動画をご覧ください。

http://iori-washitsu.co.jp/

【庵:いおり】は試作から年月も経ち、またバンコクの【よしの庵】、成田空港プレミアムラウンジの和室などの製作経験によって、ディティール等かなりバージョンアップしております。この展示品はプロトタイプであり、10回以上の組み立て解体を行っています。しかし大きな傷等はありませんが、ヤニ(樹液)が出ている部分があります。檜の間伐材を使った集成材の柱梁ですので仕方がない部分もあります。今ではヤニの発生を少なくする方法を取っております。プロトタイプ・試作品として片目を瞑ってご覧ください。(時には両目を閉じて見て見ぬふりをお願いします。)

卯立(うだつ)の工芸館は越前市の民家(江戸中期の古民家)を移築したもので、越前市出身の私(北畑)にとって、とても懐かしい空間でもあります。

卯立(うだつ)の工芸館に関しては以下のHPをご覧ください。

http://www.echizenwashi.jp/features/udatsu.html

うだつの工芸館外観

越前和紙の里:卯立の工芸館外観

SMJW1270

障子の和紙は瀧英晃さんの漉いた越前和紙に張り替える予定との事です。 ちなみに壁紙は越前私思工房の和紙クロスです。

さて、どのような展示空間になるのでしょうか?後日状況をお知らせする予定です。

パリに輸出する組み立て式和室もようやく先が見えてきたとのモノサシ:吉田氏のお話です。和室製作を担当していただく石森木工との打ち合わせで鯖江市に来ていたので組み立てを手伝っていただき、とても助かりました。

組み立て式和室【庵:いおり】の今後の展開が楽しみです。

舟津神社の遷座祭

清々しい5月にふさわしいメールと画像が越前市橋本製材所橋本社長から届きました。それは鯖江市の舟津神社の古式に則った遷座祭の画像でした。

以下橋本社長からのメールです。

—————–

おはようございます。

神様を新社殿にお移ししてすべて終りました。

伊勢神宮に材料をもらいに行ってから約4年半の月日がかかりました❗
造営された山は史跡になっているため文化庁の許可が必要だったためだったそうです。昨日は鯖江市長も来られていました。

D0A06D3B-CD0B-4FF5-9292-F78BC54F9C03 9EC9A7F6-B568-40AC-863B-901D4E54B4DD 452028AC-D037-43BE-AEBD-B9494687B5FA

橋本社長、ありがとうございます。古式ゆかしい遷座祭の画像を見ているだけで、あの参道や社殿の記憶がよみがえり、また、ほのかに檜の香りがするような錯覚とともに心地よい気持ちが心の中に満ちてくるようでした。

私達はコンクリートと鉄とガラスの建物の設計で心が挫けそうになる毎日ですが、送っていただいた画像を見ているとなぜか心が軽くなります。そして、伝統をしっかりと守っていてくださる皆様への感謝の気持ちと望郷の念が生まれてくるのです。

(しかし、鉄骨の値上がり、工期納品の遅れ、なんとかならんもんじゃろか?)

 

 

団地再生とコミュニティの再生(ランドスケープデザインNo.126)

私達が関わっている【石巻田代島しまおこしプロジェクト】の記事がランドスケープデザインNo.126号 に掲載されました。今月発売です。

NPO法人(石巻田代島しまおこし隊)の代表(隊長)猪狩達夫氏、ロバート・D・エルドリッヂ氏、光と風の研究所堀内道夫氏も震災復興や田代島について寄稿をお願いしました。ぜひお読みください。

しまおこしの活動は、例えば予想出来ない新しい法律が突然発生して計画をゼロからやり直すようなもの。途方にくれ、しかし応援の声に力をもらい、また再開、また、挫折、、、この様な作業の連続と言えるでしょうか。しかし、あきらめず、ウンウンと押し続けることで確実に何かが前に進むものです。記事の中にその一部を書いておきました。

島で生まれた猫が元気に育っていたり、顔見知りの猫(?)が元気に駆け寄ってくれるのはとても嬉しいものです。(たくさんの島の人々が猫達の給餌や健康チェックなどの世話をしてくれています、感謝)

クラウドファンディングによる古民家再生などを行いましたが、これからは海の学校を開く準備に入ります。皆様のご支援、ご指導をよろしくお願いいたします。

さあ、皆さん、GWに突入です、猫に逢いに田代島に渡り、大泊の『古民家カフェ福猫』で美味しい料理を楽しんでください。

ランドスケープデザイン誌No.121今月末発売。

ランドスケープデザイン誌No.121今月末発売。

 

ランドスケープデザイン誌は今月発売、書店でお買い求めください。(お願い)

ランドスケープデザイン誌は今月発売、書店でお買い求めください。